CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Let's enjoy SUP!!
0

    こんばんは!

     

    昨日、今日と夏の様な天気でしたね(^O^)

    明日から気温も下がる予報なので皆さん体調を崩さないように気をつけましょう!!

     

    気温が下がるとはいえまだまだSUPシーズン。

    漕ぎはじめれば暑いくらいです!!

     

     

    今日は最近SUPを購入してまだ間もない方へ、ちょっとしたアドバイス!!

    一昨日のブログではスピードが出ない方の為にいくつか気をつけるポイントを書きましたが、今日はSUPの漕ぎのコツをお伝えしたいと思います。

     

    まず、

    .僖疋襪了ち方!!

    グリップ利き手でしっかり持ち、もう片方の手は肩幅より広めに持ちます。

    体と両手の間で三角形ができるようなイメージです!

    持ち手と持ち手の感覚が短すぎると、漕いだ力を効率的にパドルに伝えることができなくなり、漕ぐ回数が増えてしまうので腕ばっかり疲れます(*_*)

    最初はやりがちなので、ベストなポジションにステッカー等を貼っておくと目印になっていいですよ!!

     

    ⇔ちあがり方!!

    最初はグラグラする方もいるので膝立ちからスタート。

    慣れてきたら立ち上がるのですが、どうしても無意識のうちに腰が引けてしまうことが多いです。

    腰が引けてしまうと重心が後ろにずれるので、バランスは取りにくいです。

    膝使ってバランスを保つのも良いですが、お尻を締める意識で、しっかりと立ち上がりましょう。

    もう一つのポイントは目線。

    どうしても下(ボード)を見がちですが、これもバランスを崩しやすい原因になります。目線は進行方向を見て、遠くを見るようにしましょう(^O^)/

    立ち上がったらパドルを水の中に入れておけば、水の抵抗を受けて杖のような役割をしてくれるので、バランスが取りやすくなりますよ。

     

    A罎過ぎない!!

    これは私もやっていたことなのですが、ストロークの前半はパドルが体より前から漕ぎ始めるのですが、体より後ろまで漕いでしまっていた事!!

    実はこれもバランスを崩しやすくなり、力の使い方としても非効率です。

    パドルが体と並んだあたりで水から出してまた前方へ、といった感じでパドリングしていきます。

    普段どれくらいまでパドリングしているか、位置をチェックしてみましょう!!

     

    いかがでしたか?

    思い当たる点はなかったでしょうか?

    最初のうちはやりがちな事なので、上記内容を意識してSUPしていきましょう!!

     

    ELIMA 

    東京都港区西麻布1-14-5

    03-6455-5975

    info@elimatokyo.com

     

    PEAKS 5のインフレータブルSUPの購入はこちら

    ↓↓↓

    ELIMAウェブショップ

    ELIMA楽天市場店

    DINER YAHOO! STORE

     

     

     

     

     

     

     

     

    | SUP(サップ)とは | 19:14 | comments(0) | - |
    スピードが出ない人は…
    0

      こんばんは!

       

      昨日までは秋っぽい気候でしたが、今日は夏に戻ったようないいお天気(^O^)/

      ちょっとテンション上がって通勤の自転車で飛ばしてしまいました(笑)

       

      スッキリ晴れた日は絶好のSUP日和!!

      明後日までは暖かいようなので、お休みの方はSUPの計画を立てて見てはいかがでしょうか?

       

       

      今日はタイトルにも書きましたが、SUPを漕いでいてもいまいちスピードが出ないな〜って方にちょっとしたアドバイス!!

       

      SUPを漕ぐときは、生み出したスピードをできるだけ殺さずに進んでいきたと誰もが思いますよね!!

      そうするには極力抵抗を生まないようにすることが肝心!!

      例えば身体が前後左右に傾いてしまうとボードも傾いてブレーキがかかってしまします。

      これは体幹を使って、下半身を安定させた状態でボードを前後左右にブレないようにすればOK(^^)/

      慣れてくると自然と身につくものですが、最初はブレーキがかからないように体幹を意識して漕いでみて下さい!!

       

      あとよくありがちなケースで、ボードのテール寄りに乗りすぎている場合。

      テール寄りに乗りすぎると、ノーズが浮き上がってしまい、そのまま漕いでいると水面に接しているところだけに抵抗がかかってしまいスピードロスします(*_*)

      ボードの真ん中(ストラップ辺り)に乗り、水面とボードが平行になっているかチェックしましょう(^O^)/

      タンデムをする場合は1人で乗っている場合とバランスが変わるので、ボードが傾いていいないか目視して、正しいポジションでパドリングしましょう(^^)/

       

      ちょっとしたことで今までのパドリングが変わる事って結構あります。

      上記内容で心当たりのある方、次回からパドリングが変わるかもしれませんよ!(^^)!

       

      ELIMA 

      東京都港区西麻布1-14-5

      03-6455-5975

      info@elimatokyo.com

       

       

       

       

       

       

      | SUP(サップ)とは | 19:29 | comments(0) | - |
      三点倒立ブーム???
      0

        こんばんは!

         

        現在オータムセールをやっておりますが、好評を頂いており、多くのお客様の元へ旅立っております。

        先日、SUPを購入頂いたお客様より早速お写真を頂いたのでご紹介!!

         

        3人そろって三点倒立↓↓↓

         

        バランスを崩すと……

         

        ドボンします……( ゚Д゚)↓↓↓

         

         

        お客様は湖でSUPをしており、三点倒立やピボットターンをして楽しんでいますね!!

        PEAKS 5のSUPを購入頂いた方でもブーム???となりつつある三点倒立。

        多くのお客様がチャレンジしていますよ!!

        上記写真のように3人でどれだけ倒立していられるか勝負するのも面白そうですね(^O^)

         

        そろそろクルージングやパドリングにも慣れてきて、何かやってみたいな〜なんて方、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!(^^)!

         

        ELIMA 

        東京都港区西麻布1-14-5

        03-6455-5975

        info@elimatokyo.com

         

        PEAKS 5のインフレータブルSUPの購入はこちら

        ↓↓↓

        ELIMAウェブショップ

        ELIMA楽天市場店

        DINER YAHOO! STORE

         

         

        | SUP(サップ)とは | 18:32 | comments(0) | - |
        | 1/23PAGES | >>