CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 当日お持ち帰り可能! PEAKS5 UILANI 9'ft | main | 雑誌Fine9月号にPEAKS 5 SUPが掲載されました! >>
SUPをこれから始めたい方
0

    こんには(^ ^)

     

    スタッフのひろきです。

     

    今日から夏休みで海、川、湖に行きSUPを始めたい方、多いかと思います。

     

    一概にSUPと行っても色々な形状があり、どれを選んで良いか迷ってしまう方の為に本日は、

     

    《SUPを選ぶ時の注意点》をいくつかレクチャーしたいと思います。

    ELIMAでは海、川、湖などどんなフィールドでも使えるインフレータブルSUP(自転車の空気入れみたいなもので空気をいれて膨らませるSUP)を取り扱っておりますので、そこにフォーカスいたします。

     

     

     

    1.SUPの厚みは10〜15儖幣紊鯀ぶ!

     

    SUPの厚みを10〜15僂砲垢詬由はズバリ、安定感を持たせる為です!

    厚みが無いと浮力はなくなり、バランスがとれずすぐに落ちてしまします.....

    落ちては上がり落ちては上がりの繰り返しは体力が思った以上に消耗します。(楽しむどころか疲労が溜まります・・・)

     

    最初のうちは高浮力なボードを選んで、波の無いところで楽しくクルージングするのがオススメです!!

     

     


    ・SUPの長さは9ft以上!!

    長さが必要な理由は浮力の問題と直進性の問題です。

    片方ずつしかパドルできないSUPでは、短いボードですと左右に回転しやすくなってしまい漕いでも漕いでもまっすぐ進みません。(楽しむどころか疲労が溜まります・・・✖2)

     

    まっすぐ進み、気持ち良くクルージングできるサイズは9'ft以上がオススメです。

     

     


    ・空気圧が15気圧以上入るものを選ぶ!

    先ほどのボードの厚みと同じように、空気圧が弱いと人が乗っている部分は空気圧が体重に負けて凹みます。
    また、進むスピードは遅くもなり、安定感がなくなります。

    15気圧入れることができるということは、それだけ空気圧に耐えるしっかりとした構造になっているという証拠。
    表面のの素材、圧着技術などしっかりその気圧に耐えることができ、丈夫なSUPということにもなります。

    厚みのないSUP(10cm以下)や12気圧までしか入らないボードは男性の場合おすすめできません。



    ELIMAで取り扱いのあるおすすめインフレータブルSUPはこちら↓↓

     


    PEAKS 5 SUP KUMU 10'6 ¥100,000-
    付属品:ポンプ、バッグ

    WHT/BLとWHT/BKの2カラー展開。
    シンプルなデザインと確かなクオリティ。

    川や湖でのクルージングからSUPサーフィン、仲間とのダンデムまであらゆるSUPをお楽しみいただけます。
    浮力も300Lと十分な安定感です。




    PEAKS 5 SUP UILANI  ¥80,000- 
    付属品:ポンプ、バッグ,フィン,修理キット
    浮力226Lながらも幅82cm、厚みも15cmで安定感があります。
    最大120kgまでは快適クルージング可能です。




    SUPのことでわからないことなどあれば、お気軽にお電話でもかまいませんので店頭までご連絡ください。

    もちろん店頭ではインフレータブルSUPを実際にチェックできます。

    ご来店をお待ちしております。



     

     

     

    | SUP(サップ)とは | 19:30 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする