CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< UILANIが残りわずか!! | main | 疲れ知らず?のカーボンパドル!! >>
正しいパドリングをするために…
0

    こんにちは!

     

    SUPをゲットしていざ海や湖へ行って、何となく漕いでいる方いませんか?

    今日はそんな方の為に、パドルの持ち方からパドリングのコツをご紹介。

     

    まず、水をかく面はこちらです↓↓↓

     

    たま〜に下の写真の面で漕いでいる方がいるのでご注意下さい!(^^)!

    ↓↓↓

     

    パドルの持ち方は肩幅より少し広めに持つといいですよ!

    狭く持つとテコの原理が働かず、力が上手くパドルに伝わりません。

    目安としては頭の上にパドルのせるようにして、両肘が90度に曲がる位置で持つと調子いいはずです!!

    そこから好みにあわせて微調整しましょう!!

    ただ、パドルを持ち替えた時に持ち幅がずれてしまうことがあるので、はじめのうちはテープ等で印をつけておくのも効果的(^o^)

     

    持ち方が分かったら次は漕ぎ方。

    パドルは水面に対して垂直に入れます。

    上半身で振りかぶるようにパドルを垂直に入れ、ボードに対して平行に漕げば前方向に進もうとする力がダイレクトに伝わり推進力に変わります。

    斜めにパドルを入れてしまうと力が横方向に分散して、スピードロスに繋がるので意識していきましょう(^^)/

     

    最後に水面にどれくらいパドルを入れれば良いかですが、上記写真のブレードの部分全体です!(^^)!

    深く入れ過ぎると力を余計に使う事になるので、最初はどれくらい水中に入っているか目視で確かめてみてください。

     

    正しいポジションでパドルを持ち、正しくパドリングができれば、1回のストロークでたくさんの推進力が得られるので疲れも少なくスピードも出せるので是非参考にして下さいね(^.^)

     

    何か分からないことがあればお問合せ下さい<(_ _)>

    ELIMA 

    東京都港区西麻布1-14-5

    03-6455-5975

    info@elimatokyo.com

    | SUP(サップ)とは | 18:47 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする